リフォームで生活を一新しよう!

だんだん減っていくのです

住宅を購入する人が増えれば経済は活性化します。詳しくは宮崎 注文住宅をご利用ください。
そのことを狙って政府は、親や祖父母などの直系尊属が住宅取得のための資金の贈与をした場合、一定額を非課税にするという制度を作りました。詳細は注文住宅 宮崎にアクセスしてください。
この制度には私の親戚もお世話になりました。もっと調べたい方はハウス オブ ザ イヤー イン エナジーがおすすめです。
親と同居するための家を建てるということで贈与してもらったそうです。大きなお金を贈与してもらったので、しっかり面倒見なくてはと話していました。参考にどうぞハウスオブエナジーで検索!

 

その親戚が先日、こんなことを言いました。「友達に、住宅資金の贈与の非課税制度の話をしたら、私も利用したっていったからいろいろ教えてあげたんだ。」「700万円も非課税になるなんてありがたいよね。うちはそんなにもらえなかったけど(笑)。」と言うのです。ご機嫌な親戚でしたが、まずいことになっています。住宅資金の非課税制度は非課税額が毎年下がっていくのですが、そのことを伝えられていないのです。調べるならハウスオブザイヤーインエナジー大賞に沢山書いてます。
親戚が受けた平成25年は700万円でしたが、平成26年は500万円に減ります。700万円も贈与すれば贈与税が課されてしまいます。そのことを聞いた親戚はあわてて友達に訂正の電話をしていました。